MAC FLOWER 〜マックフラワー〜
Text Size :  A A A
|  News  |  Diary  |  プリザーブドフラワーとは?  |
「プリザーブドフラワー」という言葉は、お花好きの方々の間では、
既に広まりつつある言葉であると思います。
英語の「PRESERVE」という言葉は、「保存する」「生存している」などの意味が
あり、ジャムなどの保存食品をさす言葉としても使われています。
Img_f42848699839e6d3d60e5aea38f3271c
「オーストラリアプリザーブドフラワー」とは、オーストラリア原産のワイルドフラワーを、水なしで生存している状態に保つ特殊な加工をすることにより、香りや効能を長持ちさせる為に開発されたお花です。
オーストラリアでもシドニーやゴールドコースト、メルボルンなどではなく、
ワイルドフラワーの主な採集地は、パースを中心とした西オーストラリア州です。
オーストラリアは、日本の面積の22倍の広さを持つ国ですが、西オーストラリア州だけをとっても、州という単位としては世界最大の面積を誇っています。
また 西オーストラリアは、世界で最も古いコンドワナ大陸の地層が残っている地域で、しかも最も乾燥しています。
ワイルドフラワーは、そんな大自然に咲く花たちなのです。
それは、40万年前から生き続けている、生きた化石のような植物で、花は何万年も前の環境のままで存在しています。
ワイルドフラワーには、人工的な品種の改良などの手が加わっておらず、他の国の新しい植物に比べると比較にならないほど、自然のパワフルなエネルギーを持っています。
そこに住む先住民族アボリジニたちは、このワイルドフラワーを傷の治療やダメージからの回復などに、薬草として使っていたというほどです。
「プリザーブドフラワー」の特長としては、以下のようなことがあげられます。
・柔らかい感覚(ドライ化してもポロポロ落ちにくい)
・水を必要としない(6か月位生存し続ける)
・色の持続性がある(静電気がおきにくいため)
・消臭効果がある(ハーブでもあり、リラックス効果もある)
・無農薬(原野に自生するものをカッティングするため)